ムッソリーニ 栄光編

ムッソリーニ

Add: ajabuhy9 - Date: 2020-11-28 09:32:00 - Views: 374 - Clicks: 1520

イタリアは1943年7月ムッソリーニが失脚してのち、連合軍に降伏(9月8日公表)したバドリオ政権の下の南部と、ドイツ軍が進駐してムッソリーニを再度押し立てた北部に分かれたが、この北部で、激しいパルチザン戦の様相を呈したレジスタンスが展開され. チャーチルは「輝かしい栄光を残して滅びよ」という持論を持っており、ヒトラーと同じく死守命令を好んだ。また「空襲で確実に敵国心臓部に打撃を与えていく」という確実な戦法より、強襲、ゲリラ戦、おとり作戦、罠など派手な作戦を決行することを好んだ。. イタリア戦闘者ファッシによるファシズム運動が開始されたが、当初ムッソリーニは創設者ながら積極的に組織運営に関与せず、部下に実務を任せていた。1919年11月16日、設立年の年末に1919年イタリア総選挙(英語版)が実施されたが、この時点ではまだ農村部の運動を十分に取り込んでおらず支持者は北イタリア、それもミラノなど都市部に限られていた。同年の選挙ではイタリア社会党とキリスト教民主主義を掲げて結党されたイタリア人民党の競り合いに注目が集まり、「戦闘者ファッシ」は特に存在感を示せず、当選者は現れなかった。集まった創設メンバーの90%が2、3年で脱退し、党内の左派勢力が退潮していった。ムッソリーニ自身も党内右派の主張に舵を切り、政治主張から反教権主義を取り下げるなどの修正を加えた。ただし後述する様に、ムッソリーニ個人は社会主義者時代から晩年まで一貫してキリスト教を蔑視していた。また党内左派の主張を完全に捨てたわけではなかった。農村地帯の小作人による農地占拠に続いて都市部でも「工場占拠闘争」が始まると、ストライキより過激なこの労働運動に条件付きながら協力を表明している。 また選挙の結果は. ベニート・アミールカレ・アンドレーア・ムッソリーニ( Benito Amilcare Andrea Mussolini 、1883年 7月29日 - 1945年 4月28日)は、イタリアの政治家、教師、軍人。. 第2次世界大戦末期の1944年6月、連合軍はノルマンディーに上陸、パリを解放、9月、ベルギーの大部分も解放して、西部戦線で支配していたドイツ軍を次々に撃退していきました。 そして、イギリス陸軍元帥のモントゴメリー将軍はドイツ領内へ侵攻し、オランダ、ベルギーの国境に近いドイツ経済の心臓とも言えるルール工業地帯を占領して、一気にドイツにとどめを刺す作戦を発案します。 オランダのアーネム近郊のライン川に架かる橋を空挺部隊によって確保し(マーケット作戦)、これによって確保した橋と道を利用し、ベルギー北部からの地上部隊の進撃によってドイツ領内へ侵攻する計画でした(ガーデン作戦)。 運河と橋が多いオランダの地形を利用した「マーケット・ガーデン作戦」は、戦争初期の1940年5月、ドイツ軍の空挺部隊が主要都市と橋を奇襲で制圧し、地上部隊が確保された道へ突進した作戦と似ていました。その結果、ドイツ軍は5日間でオランダを降伏させます。 1944年9月17日、イギリス空軍の大編隊が空挺部隊をアーネム周辺に落下させます。空挺部隊は一部の橋を確保、そのうちジョン・フロスト中佐の部隊がアーネムの街の北側に到達し、アーネムの橋まで侵攻します。しかし、無線機の故障などもあり、ドイツ軍の猛攻に遭って孤立し、降伏してしまいます。 失敗を知ったモントゴメリー将軍は「作戦は9割方成功した。しかし、橋は遠すぎた」とつぶやいたと言われています。 マーケット・ガーデン作戦が失敗した大きな理由は、連合軍は北フランスやベルギーでの戦いの勝ち戦が続き、クリスマスまでに戦争を終わらせたいという楽観論が蔓延していたことが挙げられます。 具体的には 1:作戦立案から実行まで1週間しかなかった(事前の準部不足)。 2:ドイツ軍の精鋭部隊、SS装甲師団がアーネム周辺で休養再編中という現地レジスタンスからの情報を握りつぶしてしまっていた。.

アーネムの南側にはネーデルライン川が東西に流れています。アーネム駅前にはユトレヒト通り(UTRECHTSEWEG)という東西に伸びている道があります。ユトレヒト通りの所々からは、眼下に沿って流れているネーデルライン川を見ることができます。 駅を出て左側南東へ1kmほど行くと街の中心部です。中心部はマルクト広場、州庁舎、ショッピングセンター、ファーストフード店などで賑わっています。マルクト広場では日曜日になると朝市が開催されます。 アーネムはオランダのヘルダーランド州の州都ですが、日本の県庁所在地の都市に比べても小さくこぢんまりとした街です。 また、郊外にはオランダ最大の国立公園や昔の民家、農家が再現され、オランダの昔の暮らしが体験できる「オランダ野外博物館」もあります。. 6月2日(土)曇り やっと退院の日がきた。 イソヒヨドリが祝福するように囀ずっている。気分の落ち込みは相変わらずだ。 1915年5月24日、イタリアが秘密協定に基づいて連合国側で参戦すると、ムッソリーニは他の参戦論者たちの例(参戦論者の多くは自論の責任を果たすため、積極的に従軍した)に習い、徴兵を待たず陸軍へ志願入隊しようとした。政治経歴に加えて年齢が三十代前半になっていた事から入隊審査は長引いたが、この戦争が総力戦であるとの認識が広がると軍も思想や年齢を問う事は無くなり、1915年8月31日に念願の召集令状を受け取った。より年上の参戦論者ではダンヌンツィオが52歳、かつての政敵で参戦論についてはムッソリーニに同調していたヴィッソラーティが58歳という高齢でそれぞれ従軍を許可されている。師範学校出身者は士官教育を受ける権利があったが、過激な思想を警戒するアントニオ・サランドラ首相の判断で認められなかった。 1915年9月3日、かつての兵役時代と同じくベルサリエリ兵として第11狙撃兵連隊第33大隊に配属され、厳寒のアルプスで塹壕戦や山岳戦を経験した。1915年11月15日、パラチフスを患ってベルガモの軍事病院へ後送されたが、翌月には前線へ戻った。ムッソリーニは絶え間なく続く戦闘と砲撃の中で過ごし、. イギリス軍によって一時的に解放されたアーネム市民は、イギリス軍を歓迎する態度を示します。そのため、アーネムを再占領したドイツ軍は全住民を強制退去させました。住居を失った極寒の中で次々に健康を崩し、翌年の冬までに1万人が命を失ったと言われています。アーネムに戦前の日常が戻るのには、戦後数年はかかります。その辺りの苦境は空挺博物館でも紹介されています。 マーケット・ガーデン作戦による連合軍の死傷者は約17,000人、ドイツ軍は約8,000人。 その後、アーネムの街は、1945年4月、カナダ軍によって解放されます。マーケット・ガーデン作戦から半年後のことでした。. 北側のジョン・フロスト橋の横の建物は、「BATTLE OF ARNHEM INFORMATION CENTER」となっていてます。後ほど紹介する空挺博物館の一部分となって、アーネムの戦いに関する展示が無料で公開されています。この建物は、アーネムの戦いの時、フロスト大隊の司令室の建物があった場所になります。 「BATTLE OF ARNHEM INFORMATION CENTER」前はちょっとした広場になっていて、アーネムの戦い直後の写真や、戦いを描いた絵が展示されています。ベンチもあるので一息しながらジョン・フロスト橋を眺めるのには最高のロケーションです。 BATTLE OF ARNHEM INFORMATION CENTER 開館時間: 4月~10月、10:00~17:00(日曜祝日、12:00~17:00) 11月~3月、11:00~17:00(日曜祝日、12:00~17:00) 入場料:無料. ムッソリーニは社会党指導部が掲げる社会民主主義に基づいた議会制民主主義には特に明確な反対姿勢を持っていた。党内穏健派の下院議員レオニーダ・ヴィッソラーティ(英語版)が政権関与の代償に共和制移行を棚上げする行動に出た事でその不信は決定的となった。ムッソリーニはヴィッソラーティの解任を求める論説を『ラ・ロッタ・ディ・クラッセ』に掲載して、要求が拒否されるとフォルリ党支部の党員を率いて離党した。党指導部に急進派を切り崩された為に追随する支部は現れず、孤立する結果となってしまったムッソリーニ派を救ったのがイタリア・トルコ戦争であった。 1911年に勃発したイタリア・トルコ戦争に対しては、右派も左派も政府との協力体制を望んで植民地戦争に好意的な姿勢を取っていた。そうした中でムッソリーニのみが不毛な植民地戦争を腐敗した今の国内体制を打倒する事に転じさせるべきだという主張を貫き、政府との協調路線に傾斜する指導部に不満を持っていた社会党員内での再評価に繋がっていった。ムッソリーニは民族主義に肯定的だったが、今の政府は戦争を使って内政から目を逸らさせようとしているに過ぎないと見抜いていた。『ラ・ロ. 1943年7月27日、名目上、ムッソリーニは身辺警護を理由に擬装用の救急車で海軍基地に護送され、そこから輸送艦でティレニア海の島々へ幽閉された。最初に軟禁されたポンツァ島では準備が間に合わず、使われていない無人の古民家が用意された。風呂が使えないなど粗末な建物であったが、監視についた下士官達はムッソリーニに敬意を払い、書物や衣服の差し入れなど軟禁生活を手助けした。数日後により厳重な警備が行われているラ・マッダレーナ島に移動し、そこでは海軍将校用の邸宅が提供されて新聞などを購読する事も許可された。激務から中断していた読書や執筆に専念する日々を送り、これまでの国家指導について見つめ直す機会を得て、今後のファシズム運動のあり方について思索を行っている。 幽閉されている間にも外部では政治情勢が混迷を続けていた。バドリオは首相(閣僚評議会議長)ではなくムッソリーニと同じく首席宰相及び国務大臣(イタリア語版)の地位に就任して、国家ファシスト党による独裁に倣った軍部独裁を志向した。その為、バドリオ政権はボノーミらを初めとする議会制民主主義の復権を求める政治家達から積極的な協力を得られなかった。.

第一次世界大戦前の自由党政権時代、チャーチルはロイド・ジョージとともに急進派閣僚として多くの社会改良政策に取り組んだが、第一次世界大戦後に2人の道は隔てられた。ロイド・ジョージは生涯社会改良政策に情熱を捧げたが、チャーチルの方は「アカの恐怖」に捕らわれていったからである。第一次世界大戦後の列強諸国による反ソ干渉戦争の最大の推進力はチャーチルであった。チャーチルは「歴史上のあらゆる専制の中でもボルシェヴィキの専制は最悪であり、最も破壊的にして、最も劣等である。『ドイツ軍国主義よりはマシ』などというのもデマだ。ボルシェヴィキ支配下のロシア人は帝政時代よりずっと悲惨な状態に置かれている。レーニンやトロツキーの残虐行為はカイザーのそれを軽く超える」、「ボルシェヴィズムは政策ではなく、疫病である。思想ではなく、ペスト菌である」「私がボルシェヴィキを嫌悪しているのはその愚かな経済政策や不合理な主義の故ではない。奴らが侵入した土地にはその犯罪的体制を支えるために赤色テロが行われるからだ」などと共産主義国であるソビエト連邦への敵意を煽る演説を盛んに行った。 第二次世界大戦中に行われた「テヘラン会談」や「ヤルタ会談」などの連合国軍同士の会議においても、チャーチルはソビエト連邦のスターリンとは幾度も衝突し、終いには同盟国であるアメリカのルーズヴェルト大統領とスターリンが親しくなる始末であった。 チャーチルの反共はその後、死ぬまでずっと続いた。第二次世界大戦後も反共演説を続け、「ボルシェヴィズムはその誕生の時にくびり殺しておけば、人類にとって計り知れない幸福があったであろう」「共産主義者と議論をしても無駄だ。共産主義者を改宗させたり、説得しようとするのも無駄だ。もっと容赦なく実力を行使し、何が起ころうとも道徳的配慮などしないということをソ連政府に理解させることが唯一の平和への道だ。」「アメリカの原爆のみがソ連の軍事侵攻を抑えているのだ。」。 ムッソリーニ 栄光編 一方でチャーチルは共産主義者であってもレーニンだけは(忌み嫌いつつ)ある種の畏敬の念を抱くことがあった。レーニンについて「彼の慈愛は北極海のように冷たく広い。彼の憎悪は絞首刑執行人の首なわより固い。」「彼の目的は世界を救うことだった。そしてその方法は世界を爆破することだった。」「ロシア人の最大の不幸はレーニンが生まれてきたことだが、その次の不幸. See full list on wpedia. . 「AIRBORNE PLAIN」からNIJMEEGSEWEG通りをネーデルライン川方面に少し歩くと、遠すぎた橋こと「ジョン・フロスト橋」に着きます。 当時の名前はアーネム橋でしたが、戦後再建され、この橋で勇敢に戦って敗れたイギリス軍のジョン・フロスト中佐の名前をとって「ジョン・フロスト橋」と呼ばれるようになりました。 アーネムの西方に降下し、激戦の末、アーネムの北側を占拠することができましたが、圧倒的な兵力差のためイギリス軍第1空挺師団フロスト大隊はドイツ軍SS戦車師団に囲まれてしまいます(写真)。橋も確保できず、橋の南側はドイツ軍の支配下のままでした。 フロスト大隊は4日間持ちこたえますが、最後にはドイツ軍に圧倒され降伏してしまいます。 橋の北側には、オランダ解放のために勇敢に戦ったフロスト大隊を称えるレリーフが設置されています。 ジョン・フロスト橋は今でもアーネムの北側と南側を結ぶ動脈の一つで、自動車が行き交い市民の生活に欠かせない橋となっています。橋からの景色は、静かに流れるネーデルライン川を挟んで、北側はアーネムの街並み、南側は森林地帯となっており、牛が放し飼いとなってい. 一方、ローマ近郊の情勢が不穏当になった事からムッソリーニの身柄はティレニア海から移され、イタリア中部のラクイラ県とペスカーラ県に跨るグラン・サッソ山頂のホテルへ新たに幽閉された。ヒトラーは進駐と同時にムッソリーニの救出を軍に厳命していたが、ティレニア海の島々に滞在していた時に計画された作戦は一歩遅く身柄が移送されてしまった為に失敗に終わっていた。ドイツ軍のクルト・シュトゥデント上級大将はグラン・サッソへの移送情報を新たに掴むと、1943年9月13日に救出作戦「柏(オーク)」を実施した。グラン・サッソに駐留していたのは主に警察やカラビニエリ(国家憲兵)の部隊だったが、休戦に従って連合軍に引き渡すべきなのか、それとも王国政府を見限って釈放すべきなのか決め兼ねている状態にあった。そんな折にオーク作戦によって出撃したハラルト・モルス空軍少佐が率いるドイツ軍の特別部隊がグライダーでグラン・サッソに降下、ホテルへ突入した。予め王国政府を離反してドイツ軍側に協力していた警察司令官フェルナンド・ソレツィ(イタリア語版)が投降を呼びかけていた事もあり、警護部隊は抵抗せず武装解除された。 救出された. 政治経歴からすぐには赴任先が決まらず苦労するが、やがてイタリア最大の川であるポー川のほとりにあり、イタリア社会党の町長が選出されているグァルティエリという町に赴任する事になった。町での教師としての評判は上々で、イタリア社会党の集会でも演説役を任されている。しかしこのまま田舎町で過ごす事に嫌気が差してか、見聞を広めるべく教師を退職してスイスに移住した。スイスでは土木作業や工場労働で生計を立てる日々を送り、貧しさから橋の下や屋根裏部屋に寝泊りした事もあった。不安定な放浪生活と引き換えに「ヨーロッパの小さなアメリカ」であるスイスで様々な人々から知遇を得る事ができた。 その中で最も特筆されるのはウラジーミル・レーニンと、その秘書であるウクライナ人女性アンジェリカ・バラバーノフらとの出会いである。当時から難解さを知られていたマルクス主義を完全に理解できている人間は社会主義者や共産主義者の間ですら限られていた。ムッソリーニはレーニンの狂信的な支持者であるバラバーノフからマルクス主義、及びレーニンがそのマルクス主義に独自の解釈を加えて成立したマルクス・レーニン主義についての徹底的な教育を受け、.

1934年12月5日、エチオピア帝国とイタリア領エリトリア・ソマリランドの国境問題を巡り、イタリアとエチオピアとの間で武力衝突が発生した(ワルワル事件)。青年時代から第一次エチオピア戦争の復讐を望んでいたムッソリーニはこれを契機にエチオピアへの植民地戦争を再開し、エリトリア及びソマリランド駐屯軍に遠征準備を命じた。戦争にあたってムッソリーニは英仏と交渉を重ねて調整を進めていたが、左派の労働党や国民の平和主義運動に突き上げられた英仏は曖昧な態度を取り、最終的にリベラル寄りのスタンリー・ボールドウィン英首相と、反ファシストであった英外務副大臣アンソニー・イーデンの強い主張が通ってエチオピア側に立った。 イーデンの外交姿勢はストレーザ戦線を主導するなど旧協商国寄りであったムッソリーニをドイツへ接近させる結果を生み出し、この点において親ファシストであった外相サミュエル・ホーア、ウィンストン・チャーチルやイギリス王エドワード8世の考えとは対照的だった。特にイーデンの上位となる英外相ホーアはファシスト運動を初期段階から後援していたムッソリーニの旧友であり、「仮に経済制裁が行われても決して石油. 賭博血風録😆、地獄小屋球撞き博奕(14、完結編)完走栄光のル・マン耐久レース、収容所 解放. 栄光編 . 1905年1月、イタリアに帰国したムッソリーニは自ら兵役に応じると申し出て、王国陸軍の第10狙撃兵(ベルサリエーリ)連隊に配属された。入隊間もない1905年2月17日、母ローザは危篤状態となり急遽プレダッピオに戻ったが、2日後の2月19日に亡くなった。軍隊では反体制派の人物としてその真意が疑われて監視を受けたが、間もなく模範兵として評価されるようになる。兵役の間も勉学を続け、ドイツロマン主義、ドイツ観念論、ベルグソン、スピノザについて研究した。1906年9月、兵役を終えて除隊し、オーストリアとの国境に近いヴェネツィア北東の小さな町トルメッツォで教師に復職した。1907年11月、中等教育課程の教員免状を取得すべくボローニャ大学で筆記試験と口頭試問を受け、合格して外国語(フランス語)の教員免状を取得した。 1908年3月、ジェノヴァ近郊のオネーリアにある寄宿学校からフランス語教師として雇用され、歴史学と国語・地理学も担当した。政治活動ではオネリア社会党支部の地方機関誌『ラ・リーマ』の編集長に抜擢され、王政支持者の新聞『リグーリア』と激しい論戦を交わす一方、愛国小説として名高い『クオー. ムービーカメラの発明からおよそ100年。「映像」は人類が蓄積した膨大な「記憶」でもあります。「映像の世紀」から20年、新たに発掘した映像. 少年期のムッソリーニは喧嘩っ早い性格で、腕っ節の強さで村の少年達のリーダーになっていた。しかし性格自体は寡黙で、後年もそうであった様に周囲に心を開かず、仲間と群れる事を嫌って一人で行動する事も多かった。勉学面では教養深い両親の間に生まれ、田舎町の生まれでありながら正確な標準イタリア語を話す事が出来た。長男が教会を嫌う事は敬虔な母ローザの悩みの種であったが、プレダッピオに建設された義務教育部分のみを担当する二年制学校で勉学を終わらせるのは惜しい事もあり、ファエンツァにあるサレジオ修道会系のイスティトゥート・サレジアーノ寄宿学校で勉学を継続した。寄宿学校ではラテン語や神学などを学んだが、この時期はムッソリーニにとって最悪の時期であった。 イスティトゥート・サレジアーノ寄宿学校では学費の大小によって生徒の待遇が異なり、庶民(下層民)・平民・貴族によってクラスが分けられ、寝食など全てで差別されていた。ムッソリーニは「社会の不公平さ」を実感し、また偽りの平等を説く教会を憎んだという。教師の側もムッソリーニを警戒し、風紀委員を通じて監視下に置いていた。こうした状況から学業成績こそ「鋭敏な知性. ムッソリーニ 上.

ムッソリーニ自叙伝(ムッソリーニ著 岡田忠一訳) 金星堂 昭4 ヤム2-905タ ムッソリーニとその思想(高畠素之) 実業之世界社 昭3再版 ヤム1-905ア ムッソリニ(塩津誠作編訳) 春陽堂 昭6 ヤン2-700ウ. チャーチルはアーサー・バルフォアと並び、ハイム・ヴァイツマンに感銘を受けて英国政界で真っ先にシオニズム支持者になった政治家の一人である。首相在任中にもチャーチルはしばしばユダヤ人のパレスチナ移民を増加させたがっていたが、外務大臣アンソニー・イーデンが現地アラブ人の反発を買って中東駐留英軍が危険に晒されかねないと反対して押しとどめていた。 第二次大戦前・戦中、アメリカ世論は概して反ユダヤ主義的であり、ユダヤ人の問題についてはナチス・ドイツの主張に共感を寄せる者さえ少なくなかった。アメリカ政府もユダヤ人を救うための行動をほとんど起こそうとしなかった。一方チャーチルはユダヤ人に同情し、ホロコーストについて「この殺戮は恐らく世界史上最大かつ最悪の犯罪行為である」と怒りを表明し、アウシュヴィッツ強制収容所のガス室を空爆してユダヤ人を救出すべしと訴え続けた。しかし米英政府内でそんなことを主張しているのはチャーチルだけであり、「軍事施設以外の空爆など費用と時間の無駄」とアメリカ軍に反対されて退けられてしまった。 個人的にもチャーチルはユダヤ人との交友が多く、しばしば金銭援助も受けた。1938年に借金がかさみすぎてチャートウェル邸の売却を検討せねばならない家計難に陥ったことがあったが、ユダヤ金融業者サー・ヘンリー・ストラコッシュがその借金を肩代わりしてくれた。首相時代にはロスチャイルド家の第3代当主ヴィクター・ロスチャイルド男爵を自らの護衛隊員として側近に置いていた。. ソヴィエト連邦と独ソ不可侵条約を結んだヒトラーがポーランド侵攻を実施し、遂に恐れられていた第二次世界大戦が勃発した。動乱に関わる事に一貫して反対してきたチャーノ伯はイギリス政府と連絡を取り、チェンバレン内閣の外務大臣であった初代ハリファックス伯エドワード・ウッドと交渉を行った。ハリファックス伯はチャーノ伯に対して、イギリスは旧協商国から続く仏英伊の友好に基いて連合国側での参戦を要請した。 フランスの行動はイギリスと対照的であった。ドイツの行動を自殺行為と見ていたフランスは新しい大戦がドイツ敗戦で簡単に決着すると高を括っていた。またイタリアに対しても前述の通り「未回収のイタリア」によるコルシカ・ニースへの帰属問題や北アフリカの植民地分割を巡る争いなど多くの領土対立を抱え、その交渉も行き詰っていた。こうした背景からフランスは状況を自国の危機と捉えるどころか好機とすら考えていた。ドイツ国境へ軍を進める一方、英領エジプトと仏領アルジェリアに挟まれた伊領リビアにも中立を破棄して侵攻すべきとする意見まで持ち上がっていた。 一方、枢軸陣営のパートナーであるドイツは先の鋼鉄条約による「軍備の必要. ムッソリーニ (上・下) 著ニコラス・ファレル 驚くなかれ、本書はなんと、ファシズムは決して悪い政治体制ではなく、ムッソリーニは優れた政治家だったと主張する本だ。 即座に反発して短絡的に軍靴の音を懸念する人もいるだろう。. ずっと議会政治の中で生きてきたチャーチルは基本的に議会主義者である。だが、1930年前後に世界各国で議会政治が終焉ないし後退していく中、チャーチルも議会主義はもう終わった思想であり、独裁政治にこそ未来があると考えた時期があった。1930年に出版されたオットー・フォルスト・デ・バタグリア(ドイツ語版)著『試される独裁政治』の英語翻訳本でチャーチルは「イタリアのムッソリーニ、トルコのケマル、ポーランドのピウスツキなど権威ある国家指導者たちが、弱体にして非効率的、しかも民意を反映していない議会政治に取って代わる日は近い」という前書きを寄せている。 しかし1935年頃からヒトラーとの対決姿勢を強めていくにつれて再び議会主義を旗印とするようになった。ヤルタ会談の際、チャーチルはスターリンとルーズベルトに対して「ここにいる3人の中でいつでも選挙で国民から放り出される危険があるのは私だけだ。だがその危険があることを私は誇りに思っている」と述べたという。ただし戦時中にはチャーチルもほぼ独裁者であった。 1945年の総選挙において、議会外組織が議員を含めた党全体を指導するという労働党を「議会政治軽視」としてナチ党になぞらえて批判したことは前述したとおりである。. 1936年7月17日、米西戦争や第三次リーフ戦争など植民地における軍事的挫折によって衰退が続いていたスペイン王国で内戦が発生した(スペイン内戦)。フランシスコ・フランコ将軍を中心とした反乱軍(国民軍)は親ファシズムを標榜して独伊両国に支援を要請、7月21日には早くも使者がイタリアを訪れている。 ファシズムの影響を受けたファランヘ党も国民軍の反乱に加担していたが、ムッソリーニは内戦参加に当初反対だった。しかし外務大臣チアーノが積極的であった事や、フランスがマヌエル・アサーニャら政府軍(人民軍)の支持を検討した事から、国民軍への援助を命じた。続いてドイツもヒトラーとゲーリングが支援を決め、手始めに独伊で合計21機の航空機を供与している。第二共和制に対するフランスの支援は実際には行われず、イギリスと共に「スペイン不干渉委員会」を組織した。代わりにソヴィエト連邦が共和国派の支援を表明したので、本来友好的であったイタリアとソヴィエトとの対立が生じた。またフランコは早期の内戦勝利に否定的で旧首都マドリード占領を避けて長期戦に向けた体制を構築する事を志向し、ムッソリーニとヒトラーは国民軍の戦意.

1920年代、第一次世界大戦が終結し、つかの間の平和が訪れた。アメリカは栄光の20年代を謳歌していた。 この時期、トルコは重要な転換点を迎えていた。第一次世界大戦でオスマン帝国が崩壊。トルコ革命が発生。現在のトルコ共和国が成立した。. ミュンヘン一揆(ミュンヘンいっき、ドイツ語: München Putsch )は、1923年 11月8日から9日に、ドイツのミュンヘンでエーリヒ・ルーデンドルフ、アドルフ・ヒトラーらナチ党などの州右派勢力によって結成された ドイツ闘争連盟 (英語版) が起こしたクーデター未遂事件。.

ムッソリーニ 栄光編

email: kykak@gmail.com - phone:(897) 238-9203 x 4685

新日本プロレス 西村修物語 2 - タンチョウの生活誌

-> フィッシング IN 北海道
-> マジック・オブ・ユニバース 魔獣世紀

ムッソリーニ 栄光編 -


Sitemap 1

F-15 厳冬の飛行隊 - 君が君で君だ